高倉健追悼 おすすめ映画ベスト3

高倉健追悼 おすすめ映画ベスト3

僕が高倉健の映画を初めて見たのはいつだったかな・・・

高倉健が出ている映画はどれも好きだが、今日は特にお気に入りの三つを紹介。

第3位 幸せの黄色いハンカチ

ダウンロード (1)

1977年作品。寡黙だが芯の通った所謂、高倉健が好きな人にお勧めの超有名映画。

山田洋次監督作品で心にジンとくる人情ストーリーがたまりません。山田映画には決まって出演している、倍賞千恵子、武田鉄矢、太宰久雄、渥美清が脇を固めます。高倉健と武田鉄矢は遙かなる山の呼び声でも共演しているが、高倉健のスタイルの良さと武田鉄矢の顔でか胴長短足のコントラストがちょっと滑稽で笑えて好きだ。この映画は現在Huluで配信中です。

第2位 冬の華

ダウンロード (2)

1978年作品。1970年代の横浜を舞台にした暴力団抗争を描いた映画。高倉健は暴力団幹部として、若頭を守るため鉄砲玉となり、裏切者を消す役目を負う。こちらも脇役は北大路欣也、田中邦衛、池上季実子ら錚々たるメンバーが出演している。所謂仁義をテーマにした映画では日本映画史に残る名作の一つではないかと思っている。

第1位 駅

ダウンロード (3)

1981年作品。降旗康男監督、倉本聰監督作品。北海道の増毛町舞台にした人間模様を描いた名作映画。ほぼこの二人だけでストーリーが進行していく演技力と演出の詰まった一作。挿入歌の八代亜紀代表曲「舟歌」が印象的に使われ、降旗監督独特の映像美が見ごたえのある一作である。是非一度見て欲しいです。

改めて見ると、全部自分が生まれる前の作品なんですね。自分の一番大好きな映画「男はつらいよ」なので、感覚が古いのかもしれませんね。今度自分の好きな「男はつらいよ」ランキングでもお送りしたいと思います。