ブログを継続して書くために必要だと思うこと ~ブログを続けるコツについて考えてみた~

ブログを継続して書くために必要だと思うこと ~ブログを続けるコツについて考えてみた~

images

僕の祖父は亡くなる直前まで数十年にわたって、分厚い日記帳に毎日あった出来事を記していた。その中身は特に誰かが興味を持つようなものでも無かった筈だし、誰かに見せるため共有するために書いていたわけでもなかった筈だ。これは僕の想像だが、祖父にとって日記をつけるということはお風呂に入ったり、歯磨きをしたり、食事をしたりするのと同じような行為だったんだろうと思う。一日に数分、寝る前に今日あった出来事を頭の中で反芻し、書きとめるという行為は、それ自体にどんな意味があったのだろうか?そして習慣化していく過程とはどんなものなのだろうか?

今日はブログ更新を続けていくために必要だと思うことを書きたいと思う。

 

ブログを習慣化するためのコツ

  • ブログを書くことの意味づけを明確にする

ブログを書いたことの無い人にとって、毎日継続していくことは殊の外困難を伴う。多くの人がブログを始めて短期間の間に脱落してしまうのが実情のようだ。

これは書くという行為への意味づけが不十分であることに因るのではないだろうか。毎日日記(あるいはブログ)を書くということは、上に示したようなお風呂に入る(清潔を保つため)、歯磨きをする(虫歯にならないため)、食事をする(おなかが減るから、生きていくため)のような誰しもが共通の理由で行う行為とは根本的に違う。書く人それぞれが、それぞれ異なった意味を持って行う行為なのだ。書くことを目的とするような、とりあえず的な発想では脱落してしまうだろう。習慣化するまでの期間を乗り切るためには、何のために書くのかをはっきりさせておいたほうがよい。

・後で振り返るため、忘れないため

・一日一つ楽しいことを探すため

・自分が感じたこと・出来事を共有してもらうため (ブログ)

・お金を稼ぐため (ブログ)

・スキルアップのため

挙げれば色々あると思うが、何か一つ確固たる目的・意味があれば、続けていくことができるのではないだろうか。

 

  • 習慣化する

キャプチャ

これは他の習慣を考えれば分かりますが、例えば、朝起きて顔を洗う、夕飯後に歯磨きする、など習慣は毎日だいたい決まった時に決まった時間することです。

ブログを書く時間を朝の7時半から30分とか、夕食後一杯飲む前の30分とか決めておけばいいと思うのです。毎日繰り返すうちに意識しなくてもパソコンに向かうようになっていたらもうブログ書くのは苦ではありませんね。

  • 毎日力を入れすぎない

いつも全力ではすぐに疲れて続きません。ブログはみんなに読んでもらいたいという思いが強くなると、こだわり過ぎて疲れて、次何を書こうかなど色々悩んでしまう結果になりがちです。毎日3行日記みたいなものは、読んでもらえなくなってしまうと思いますが、時には脱力したツイートのような記事もいいんだと、僕は思います。