定期監視銘柄について 本日の2銘柄

定期監視銘柄について 本日の2銘柄

Surveillanca-Americas-Pasttime-by-Jared-Rodriguez

保有銘柄以外に監視銘柄としていくつかフォローしている銘柄をご紹介します。種銭が増えないと買えませんが、いずれも買われすぎで手が出せない銘柄でないので、うまく銘柄整理できて、調整のタイミングができたら買いたいと思ってます。今日はまず2銘柄です。

MARUWA (5344)

MARUWAは回路・機構部品大手でチップ抵抗器アルミナ基盤で世界シェア4割を占める最大手企業。さらにYAMAGIWAを買収しLEDがもう一本の柱となっている。今期は業績予想は売上・利益ともに20%程度上昇を予想されていたが、4月以降工事ラッシュの期ずれ影響で決算結果は失望を誘うものとなっており、株価低迷中である。リーマンショック後2009年3月期で営業赤字となってい業績を落としている以外は一貫して右肩上がりで営業利益率も25-30%を維持している。これは商品の競争優位性を示唆していると思われる。また非常に好財務で、利益余剰金がつみあがっており、YAMAGIWAを買収したように業績拡大のためにM&Aで成長が期待できると思われる。PERも今期予想で15.46倍とそれほど割高ではない。ただし今期業績がキャッチアップしてくるかどうかは次の決算発表を確認しておきたい。本企業の業績が下押ししているのは一時的要因と考えている。

[adsense]

コムチュア (3844)

コムチュアはシステムインテグレーターとしてBtoBを基本とし、クラウドやモバイルシステム構築などをおこなうIT企業である。成長は売上・利益ともに毎年15-20%程度伸ばしてきている。今期も第2四半期決算まで期待通り(やや下回る)の売上・利益を出してきている。BtoB業務であり、安定した業績を続けていること、今期政府機関からの受注を得ていることなどから、SIとしての企業地位は他企業と比べて高く、価格競争力を保てていると思われる。

懸念はIT人材不足による原価上昇であり、これは今季業績にもやや現れているようである。

しかしこれまでのリーマンショック時でも営業利益率8%台を保ち、昨期は12.08%まで年々上げてきていることからそれほど心配していない。株価はPER13倍程度でこの一年ほぼ横ばいで推移している。どこかでポンと上に跳ね上がりそうなので、早めに買っておきたい。