書評「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ~自分を変えたい人が読むべき本~

キャプチャ

今日は著名な精神科医であり作家でもある和田秀樹さんの著書『「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ』を読んで、是非皆さんにも共有したいなと思いましたので、書評を記事にしました。

まず最初に本書の題名にあるように、『いっつも「あとであとで」ですぐにやらない人』を自覚している人多いと思うんです。自分もその一人だなって強く自覚します。

  • メールを24時間以内に返さず送信者から言われたり会ったりしてから返信する
  • いつも期限ぎりぎりになるまで書類を作成しない
  • 仕事が時間通りになかなか終わらない

上記に当てはまる人は、是非この本を読む価値あるんじゃないかなって思います。

[adsense]

そこで本書を読んでみるとなるほどと思うことが、いくつか書かれています。本書では「あとであとで」タイプの人は「のろま」と評されています。そして「のろま」のタイプを6つに分けています。

  1. 頭の回転が遅いのろま
  2. 完全主義ゆえののろま
  3. 計画倒れのろま
  4. 先延ばしのろま
  5. 言い訳上手なのろま
  6. 面倒くさがりのろま

詳しい内容は省きますが、みなさんどれかに当てはまっているんではないでしょうか?

E1391577516135_1

本書では各タイプ毎にまず変えるべき心構えが述べられています。

自分が当てはまるなーと思うタイプ4の先延ばしのろまへの対処法として、「期日を守ってやらないことが、何よりも悪いことだという価値観を植え付けること、それまでに形にすることを重要視しよう」という提言はなるほどいい心がけだと思いますし、その他のタイプでも頷ける内容ばかりです。

次に「のろま」を治すために、どう対処するかが述べられています。

これはいいなと思ったのは、細かい時間のかからないことから順々にやっていく(メールやちょっとした仕事は思いついたらすぐ)。ある程度時間をとらなければいけない仕事は、しっかり優先順位をつけて集中してやるなど。これは基本的な時間管理術ではありますが、自分も含めて「のろま」な人ができていないことだと思います。

「のろま」の治療法はまさにケースバイケースですが本書では以下のステップを踏んで、「のろま」の自己治療を進めていく知恵を与えてくれます

自分で自分が「のろま」だと自覚するステップ

どんな「のろま」か自己診断するステップ

タイプが分かったら持つべき心構えを知るステップ

具体的に対処し、治すステップ

限られた時間をより有意義にしたい方、「のろま」を治して自分を変えたいと思っている方に是非お勧めの本です。
[amazonjs asin=”B00NBT1TMK” locale=”JP” title=”「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ”]

ミサワ (3169) の第3四半期決算短信分析

本日持ち株のミサワ(3169)の第3四半期決算発表がありました。

順調な決算だったと思いますが、細かく見ていきます。まずはB/S負債・純資産を見ていきます。

キャプチャしっかりキャッシュが利益剰余金として積みあがっています。短期借入金がなくなっているのがわかりますね。自己資本比率は1月31日35.8%⇒10月31日41.6%へと着実に上昇していますね。財務面で弱いのが気になっていた会社ですが、現在の業績が続けばB/Sは順調に改善していきそうです。次にP/Lを見ていきます。

キャプチャ

[adsense]

経時変化が見えづらいので、株探サイトを利用して変化を見てみます。

キャプチャ

キャプチャ

このように見てみると昨年度比でトップライン売上高で+26.2%、純利益+67.2%、営業益+59.9%、経常益+60.5%となっています。これは通年業績予想の進捗度から行きますと利益面では90%に達していることから容易に達成、あるいはどこかで上方修正してくる可能性もあると思います。第3四半期だけに限ってみても+10%程度の業績積み上げがなされています。

今回発表された決算においてP/Lで最近の円安にも関わらず原価率40.8%⇒41.1%とほとんど変わっておらずそれほど影響が出ていないことが分かります。ちょっと気にしてみた方がいいと思うのは、この3ヶ月の業績は昨年同時期と比較して7.8%⇒7.1%と低下していることです。これは最近の急激な円安傾向が業績に影響を与えている可能性を示唆しているかもしれません。

次の3ヶ月の業績についてみるべきポイントは

  • 円安動向がどの程度業績に影響を与えるか(過度な円安は悪影響)
  • トップラインを順調にあげていけるか(景気動向を注視)

という感じです。まずまずの決算でした。次の決算まで期待して持ってみたいと思える内容でした。

みなさんはどう思われましたか?

 

本日の成績 2014年12月9日

本日の成績です。

キャプチャ

相場は東証、TOPIX、マザーズ総じて弱い動きだったようですね。最近は円安に振れてもそれほど反応しない割に、円高に振れると大きく値を崩すかんじですね。

後場以降、ずっと円が買われて今現在1ドル119.85円まで来てますね。下値は堅いようにみえますがどうなるか相場は読めませんね。

持ち株の方は、方向感失ったような株が多いのですが、長期なのでこのまま保有継続です。今日みたいな日はホントは買い時なんでしょうか?売り時なんでしょうか?短期長期によっても変わってきますが・・・。

最安値ってどれ?スマホ費用を抑えたいからおすすめのポケットWifiを比較してみた

photo01

ちょっと前までは、パケホーダイが主流だったと思いますが、MVNOが携帯市場に広く参入するようになって以降、大手3社では通話料定額のサービスでデータ容量制限となっています。私は今海外にいて、新しく通信環境を一から整え始める必要があるので予め調べておこうと思い、本日の記事にすることにしました。

自分の一応の戦略は、安いMVNO(MNPで通話可能なもの)+ポケットWifiと考えていますが、今日はまずそれほど選択肢の多くないポケットWifiの方から選んでいくことにしたいと思います。

[adsense]

ポケットWifiは実は便利!?

wifi1

ポケットWifiはその名のごとく、ポケットに入るサイズのWifiのことで、持ち歩くことができ、出先でも自宅でも携帯し電源が入ってさえいれば、インターネットに接続することができます。通常一つのポケットWifiで機種にもよりますが、同時に10台まで接続可能です。今や自宅でインターネットを利用するために別にプロバイダー契約することも必要ない時代になってきています。

ポケットWifiの料金相場は?容量制限は?スピードは?エリアは?

ポケットWifiを選ぶ上で、重要なのは主に以下の4つのポイントです。

  1. 月額料金
  2. スピード
  3. 容量制限
  4. 利用可能エリア

ポケットWifiはいろんな会社を経由して割引値段などが提供されていますが、主に3つを知っていれば十分です。老舗で唯一無制限のUQWimax、それをプロバイダとして提供するGMOとくとくBBWimax、YahooWifi、ワイモバイルなど多種多様です。

UQWimax Y!Mobile Yahoo Wifi
月額(円) 3696円 3696円(キャンペーン) 2743円
端末代(円) 0円 0円 0円
事務手数料(円) 3000円 3000円 3000円
その他費用(円) Yahooプレミアム会員399円/月
通信速度 110Mbps(BroadWimax2+)40Mbps(Wimax) 110Mbps 110Mbps
公式サイト  UQWimax  ワイモバイル  Yahoo Wifi

こうやって見るとYahooWifiの安さが際立って見えます。

Yahoo Wifiは月額料金が一番安い。

yahoo_GL10P

月額のランニングコストは圧倒的に安いです。Yahooプレミアム会員として月額399円が+αされますが、それでも他のサービスと比較して500~800円程度安いです。月にこれだけ違うのは大きいですね。ほとんどのポケットWifiサービスは2年縛りがありますので、2年間で1.2~2万円程度の違いが出てきます。

Yahooとソフトバンクがグループ会社ということもあると思いますが、ソフトバンクユーザーは携帯代が安くなるサービスを受けることができます。企業母体が大きくなっていくとこういうメリットが出てきますね。

値段で比較して、一番安いものを選びたい方はYahoo Wifiを検討してみてください。

スピードは3社とも変わりません。ただし、UQWimaxの高速BroadWimax2+は容量制限後⇒40Mbpsとなりますが、他社のスピード制限と比較して全く問題にならないレベルです。

容量制限についてはYahooWifiは7GB、ワイモバイルは10GB(キャンペーン除く)となっており、UQWimaxのみ唯一無制限になっています。容量制限を超えると、著しくスピードが低下するように設定されていますので、自宅でも出先でもフルに使いたい場合にはUQWimaxをお勧めします。

ワイモバイルはキャンペーン中!!!

ワイモバイルは実は驚きの2年間容量無制限(機種限定305ZT)キャンペーンを実施しています。

上記だとUQWimaxと同等以上の条件、すなわち容量無制限、ハイスピードが3696円とUQWIMAXと同料金で得られます。

ワイモバイル
これは12月末日までの限定キャンペーンですので、是非お勧めできると思います。

値段を安く抑えたい場合 Yahoo Wifi がおすすめ

キャプチャ

Yahoo Wifiのこの格安値段はおそらくYahooプレミアム会員獲得のためのキャンペーン価格であることは明白ですので、安い値段で契約されたい方は是非早めに契約がお勧めです。

公式サイトはこちら・・・

色々説明してきましたが個人的にはYaho Wifiでもワイモバイル両方によさがありますが、UQWimaxが一番無難な選択肢。というのも優先度が容量無制限にあるからです。最終的に自宅で別に光回線などで契約するのであればYahoo Wifiに迷わずすると思いますが、一つで済ませようと考えているのであれば、容量無制限はゆずれませんよね。なので

家でも外でもガンガン使いたい、無制限で使いたい人は UQWimax がおすすめ

キャプチャ

やっぱり安心感と容量無制限というのが魅力ですね。スマートフォンを外で利用するとき、自宅で使うのも全部一台で済ませようと思うとこれ以外には無いかなって思うんですよね。興味のある方は以下をのぞいてみてください。

PCもタブレットも外出先で快適ネット!速度制限ナシは、WiMAXだけ。【WiMAX2+新端末登場!】

ちなみにWimaxサービスは別のプロバイダーを通して提供されており、さらに検討が必要だと思いますが、提供元であるUQさんで契約しようと今の時点では考えています。

今ならワイモバイルも容量無制限ハイスピードなのでワイモバイルも超おすすめですね。

まとめ

安さで選ぶなら YahooWifi

容量無制限で選ぶなら UQWimax

今ならぜひ ワイモバイル

ですね。