定期監視銘柄 ゼットン(3057)

comp_top_btn_zetton

今日は定期監視銘柄の一つ、ゼットン(3057)を見ていきたいと思います。結論からいいますと、現時点で投資対象にはならないなと思いました。ですがせっかく分析して監視しているので、備忘録のつもりで書いておきます。

なので、頭が整理できていなくて見づらいかもしれませんがご了承ください。

[adsense]

ゼットンは1995年設立、2006年名証上場、東海地方を中心に飲食店を運営する会社です。地元企業ということもありまして、以前から店には行ったことがあり、ちょっとおしゃれなお店がZettonのイメージでした。学生時代以来行ったことはありませんが、実は上場企業だったということは最近知りました。

株価は足元では好調ですし、業績・利益も順調そうに見えます。

キャプチャ

キャプチャ

財務はそれほどいいとは言えませんが、予想PER15倍そこそこと株価はそれほど割高ではありません。なので分析しようと思いました。

Surveillanca-Americas-Pasttime-by-Jared-Rodriguez

企業を見るときは、いつもすぽさんのブログでも指摘されているように、市場環境とビジネスモデルを第一に考えるようにしています。飲食業界の場合は、市場環境は人口減少社会の中で漸減していくと思いますが、市場規模自体が非常に大きく、必ず新しいものが出てきて入れ替わる市場ですので心配していません。

ビジネスモデルについても、飲食業界で優秀なビジネスモデルで利益を上げているのはカカクコムやインフォマートですが、実際飲食店運営会社ではありませんし、飲食店運営は飛び抜けて利益を挙げられている会社は存在していないと思います。なので、成長余力を十分に感じられる小ささと、実際に成長するストーリーが見えるかという点で見るようにしています。

それでゼットンという会社を知るために、会社HPに行きまして、沿革というのにアクセスすると、これまでの出店・閉店が全部示されています。示されているものを拾うと1995年から2014年4月までの約20年の間で83店舗出店し、23店舗が閉店しています。これを見ると、かなり沢山のコンセプトを色々試してきたことがよくわかります。

飲食関係の会社って、普通柱は一本なんですよね。アークランド⇒かつや、壱番屋⇒ココイチ、トリドール⇒丸亀製麺ってな感じですよね。柱を作ってそれを多店舗展開するのが飲食会社が成長する王道です。

キャプチャ

王道じゃなくても、新しいビジネスモデルとして成立してればいいですが、やはり最近閉店店舗が減っているようにも見えませんし、業績が好調そうに見えるのはたまたまでしょうか?もし今のような形でやるならコンサルティングみたいな形でやるんなら分かるけど、毎度おしゃれな店舗を時代に合った形で提案するってのはなかなか難しいのかもしれませんね。

業績面についても売上が上がってる割に営業利益率が上がっていません。これも上記に書いた試行錯誤で本当のヒットを打ち出せていないところにあるのではないでしょうか?

というわけで、ゼットンはちょっと投資対象にはならないという結論に達しました。この会社に興味持って意見をお持ちの方あれば、是非教えて欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください