アイスタイル(3660)の事業別推移を分析

キャプチャ

持ち株のアイスタイル(3660)の事業別売上推移を見てこれからの業績を少し予想してみようと思います。

キャプチャ

 

これだと少し見づらいので、グラフにして見ます。

キャプチャ

マーケティング部門は主に運営するサイトからの広告料を主体とした部門です。この部門については直近2期で売り上げ増加営業利益増加が認められています。この部門は広告出稿意欲が景気に左右されることから業績が期毎に大きく変化することが考えられます。海外部門についてはまだ収益化に至っていません。

[adsense]

小売り事業はこの2015年6月期からEC部門と店舗部門の利益が一体として公表されるようになっており、収益力がアップしているか判断しづらいです。なぜこのようにEC部門の利益推移が分からない区分にしたのかは正直謎ですね。EC・店舗の売り上げが伸びているのを確認できますが、利益はあくまで合算での評価になりますが、営業利益率は伸びていないように見えます。

10月に出た決算は昨年比でかなり良い決算に見えますが、中身としてはいいところばかりとは言えません。

  • 売上の半分は景気に影響されやすい広告料であること
  • EC部分の売上・利益の伸びが今一つであること
  • 店舗小売りの売上が大きいが、この成長戦略がはっきりしないこと
  • 海外事業の収益化がいまだできていないこと

このあたり、注意しながら、次の決算発表を待ちたいと思います。

ペッパーフードサービス(3053)の2014年12月15日ニュースリリースについて

キャプチャ

12月15日付けで、ペッパーフードサービス(3053)からその好調さを物語るニュースリリースが公表されています。

先日の記事でも報告させていただいたようにペッパーフードは12月12日付けで7期ぶりの復配を既に発表していますので、改めてニュースリリースにてこの内容を公表するとともに、25か月連続で既存店売上100%超えであることを示しました。上のグラフは外食平均の既存店前期比売上に比べて、有意に上回っていることを示しています。

店舗数は8期ぶりに純増となり、今期35店舗増と一気に攻勢をかけています。

スケールアップしていく際に起きてくる、無理な短期借入もなく成長をつづけていくことが期待できそうです。

株価はいつ上昇軌道に乗るのでしょうか?噴火待ちで楽しみです。

[adsense]

本日の成績 2014年12月17日

本日の成績です。

キャプチャ

東証平均株価 +0.38%
TOPIX -0.10%
マザーズ -1.02%

相場も持ち株も方向感の出ない展開でした。持ち株は前日比+0.02%で、ほぼ変動なしでした。

今夜のFOMCの内容に注目が集まって、為替も株式市場も様子見となっているようです。円相場が少し円安に振れたことで、東証平均は少し買い戻された格好にはなっていますがあてにならないヒョロあがりですね。

今晩の結果次第でNY市場が落ち着きを取り戻すかどうか、それによって明日以降年内反騰できるかどうか決まりそうですね。

ポールHDは、底で買ったつもりが、やっぱり相場弱くなるとじり下がりしてきますね。