定期監視銘柄分析 鈴茂器工(6405)を購入 NISA枠を使い切る?

キャプチャ

今日は定期監視銘柄の鈴茂器工(6405)をNISA枠今年分を使い切るために購入しました。⇒すでに2014年度分は終了していたようで、2015年度分を消費してしまいました。いやはや。

本日はこの銘柄分析をします。

鈴茂器工は自分の定期監視銘柄でしばらく見てきましたが、押し目待ちで押し目なしの状態でした。

この会社は米飯加工機を販売しています。シェアは5割程度を占めておりこの分野ではトップランナーです。

ビジネスモデルの強みは

  • トップシェア

これですね。製造業でトップシェアで価格決定力が強いことは業績を見ることで伺えます。以下は最近の業績推移です。

キャプチャ

2007年以降リーマンショックを挟んでも増収増益が続いています。

売上成長は5-10%程度、利益成長はそれを上回っており、営業利益率は2007年6.17%→2014年15.63%と急激に良くなっています。この営業利益率は製造業としてはかなり優秀なもので、製品の競争力が高く価格決定力の優位性が伺えます。

2015年3月期については通期では会社予想減益が予想されていますが、第2四半期までの推移を見れば足元の業績も好調で増収増益が望めそうです。

自己資本比率は83%、無借金経営で財務体質は鉄壁です。製造業だけに本業の儲けをそれなりに設備投資に回さないといけないのでキャッシュの積み上がりはそれほどないですね。

成長力についての評価は難しいところがありますが、海外売上比率が伸びていることからこのあたり円安が進んでいることからも期待できると思います。国内も労働力不足を背景とした導入が進んでこればと期待しています。

現在の株価水準はPER9.10、PBR0.83、配当1.49%で十分買える水準と判断しました。足元の株価は900円程度まで下押し後1000円水準まで戻してきています。

一族経営で、あまり株主還元などに積極的でないことが株価を低位で押しとどめている原因だと思います。

いい会社と思い本日購入を決定しました。後場でも追加する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください