2015年4月

1/3ページ

2015年4月30日の成績 利益吹き飛びましたー 前日比-2.3%でしたー。

  • 2015.04.30

本日の成績です。 [adsense] 一時の調整と信じて、じっと耐え忍びましょう。 って感じで、なんとか売却せずに静観したいと思います。 引け後の決算発表では、FPGとアイスタイルがありました。 FPGは順調ですが、株価も十分すぎるくらい評価されていますので、明日は上か下かはわかりませんね。 アイスタイルの方は、決算発表と同時に通期の上方修正を発表しました。 各部門順調に推移しており、控えめの上方 […]

2015年4月28日の成績 決算時期は一喜一憂しますね。ついつい動いてしまいますね。

  • 2015.04.28

本日の成績です。 [adsense] 弱いですね。決算受けて弱いのは仕方ないですが、決算前に弱いのはなんか気分が悪いです。 ブロードリーフは予想よりはいい感じで推移しました。売却はなしです。 山田コンサルティングはまずまずの決算内容でした。 増配は素直に株価上昇のきっかけになりそうですが、来期見込みはほぼ横ばいということで、どうでしょうか・・・。 高配当株として、下値は堅くそうですが、上値を追える […]

2015年4月27日の成績 引け後ブロードリーフが悶絶決算を発表!!!(泣)

  • 2015.04.27

本日の成績です。 [adsense] 本日は信用分のACCESSなどに助けられて、前日比+0.11%となりました。 そんなことよりも!!!! 長年といっても凡そ1年保有しているブロードリーフが本年の第一四半期決算を発表しました。 中身をみて驚きびっくり。 内容はもう惨憺たるものです。 主にはシステム販売が昨年比-50%程度となっており、利益率の高いこの部門が大きく足を引っ張った格好です。 しっかり […]

2015年4月第4週の成績 前週比+1.8%、年初比49.5%でした。eBASEに助けられました。

  • 2015.04.25

2015年4月第4週の成績です。 [adsense]   ということで、年初比+49.5%、前週比+1.8%ということで指数より若干負けている結果となりました。 これまで年初からパフォーマンスを牽引してきた銘柄群の力強さは一旦休止で、横ばいあるいは調整モードとなっているため、何とかパフォーマンスを挽回しようということで、幾つか手を出しました。 うまくいったのはeBASE、好調な業績にもか […]

幼児活動研究会(2152)・プラップJ(2449)・データアプリ(3848)、注目の3銘柄

  • 2015.04.21

最近ちょっと着目している出遅れ株についてお知らせします。 幼児活動研究会(2152) 課外活動を提供する、一風変わった上場企業です。競合相手がいないことが比較的高い利益率を維持できている上に、そんなにおいしくないという点で、参入企業が少ないというメリットを享受できていると考えている企業です。 利益率は維持しており、設備投資がいらないという点において、フリーキャッシュが積み上がり安いという特性から、 […]

2015年4月21日の成績 前日比+0.72%、上抜けか下抜けか、ここからが本番ですね。

  • 2015.04.21

本日の成績です。 [adsense] NISAと信用分に引っ張られて前日は+0.72%となりました。 今日の上昇分を、底堅いものと見ていいかどうかは、明日以降の相場次第ですので、本日は動きなしとしました。 eBASEは本日急騰後に、小下落で終わっています。本決算+来期予想が力強いものになればかなり上に跳ねることになりそうですので、明日以降も少し下で指値勝負したいと思っています。 決算発表で、めぼし […]

2015年4月20日の成績 eBASEはストップ高→剥落、ザッパラス打診買い、前日比ヨコヨコ

  • 2015.04.20

本日の成績です。 [adsense] 今日は前日比ほぼヨコヨコでした。 というのも800株も購入していたeBASEがストップ高までいく大商いとなったからで、ここで200株のみ売却(単元調整) その他の銘柄は、ほぼじりさげでした。 特にFPGは超絶決算が期待されていますが、信用倍率も相当悪いですし、相場環境が弱気になると一気に売られる感じになっていました。 ザッパラスは上に行きそうな雰囲気がしている […]

2015年4月第3週の成績 年初比+46.9%、前週比-3.0%、調整の週末でした。

  • 2015.04.18

[adsense] 今週の成績です。   今週は指数以上にパフォーマンスの調整が起きました。 年初来+46.87%ですが、前週比で-3.06%となりました。 前週比で軒並み-5-10%となる銘柄が多く、特にアリアケジャパン・ブロドリーフ・シュッピンの大幅下落がパフォーマンス低下を招きました。 当然の調整といえばそうなのですが、指数をこれまでアウトパーフォームしていただけにちょっとがっかり […]

1 3