海外でVPNを利用すると便利でこんなメリットがあります!活用法の比較

海外でVPNを利用すると便利でこんなメリットがあります!活用法の比較

VPNを使えば海外でのネットライフが充実!!

インターネットを海外への移動、留学、旅行などで利用する場合、規制はさまざまな形で使用できない場合があります。 このような場合、VPNというサーバーを使用すると便利です。 このVPNを使用すると、海外の規制は基本的に解決されます。 そして何よりも、セキュリティは万全です。

VPNが海外からできることをどのように活用するのか、今から簡単な説明を説明します。

VPNって何!

海外で動画サイトを見たい場合にはこちら!!

一部のサイトは日本国内で制限されており、国外からのアクセスが制限されており、使用できない場合があります。 この場合の対策として、海外のIPを日本のIPに置き換える必要があります。

これを可能にするのはVPNです。 VPNを使用すると、海外のIPから日本のIPに置き換えることができるため、規制されているオンラインゲームをプレイしたり、海外の規制されているHPを見たり、オンデマンドのビデオを見ることができます。

なぜ海外のネットライフにはVPNサービスの利用が必須なの?

海外の無料Wi-Fiを使うと個人情報が盗まれる危険性があるよ!

無料のWi-Fiを利用する場合には、個人情報漏えいなどの危険が常に潜んでいることを知っておいて下さい。便利で快適なWi-Fiだけに、安全に利用するためのポイントをしっかり守ることが重要です。

しかし、万が一悪意のあるWi-Fiにアクセスしても、ここで紹介している安全性の高いVPNを利用していれば情報は盗まれることはありません。

海外では視聴が規制されている動画サイトや民放見逃しサイトが視聴可能となる

当方の把握する限り、日本で提供されているHulu、AmazonPrime、Netflix、NHKオンデマンド、Gyaoなど動画配信サービスは、海外では利用することができません。このほか民放の見逃しサイトであるTVerなども海外に存在するIPアドレスからのアクセスは許可されておらず以下のような表示となってしまいます。

こんなことがおきてしまうと充実した海外動画ライフが過ごせません。英語や現地の言葉に慣れるまでの間、どうしても海外での動画サイトアクセスを確保しておきたいですよね。

海外からの利用が規制されているオンラインゲームがプレイが可能

DMM.comのオンラインゲームやHangameのオンラインゲームには、海外のIPアドレスから使用規制されているものがあります。

海外での生活を充実させるためにもこの問題も解決したいところです。

海外IPアドレスからのアクセスを制限している多くの場合は、特定の海外の不良なアクセスを遮断することに主眼が置かれていると考えられますが、そのほか著作権の問題なども絡んでいると考えられます。

しかしながら、様々なVPNサービス(無料・有料)を利用することでこの問題は容易に解決できます。

VPNを徹底比較

海外から日本のサイトにアクセスする方法(無料版)

Softether VPN

まず、無料版です。

SoftEther VPNという筑波大学が開発した公衆VPNサービスですべてが無料です。以前はVPN Gateというサービスを提供していました。

この方法で、海外から日本のサイトに自由にアクセスすることが可能となります。

SoftEther VPNは、こちらのページからダウンロードすることが出来ます。

SoftEther VPNソフトをダウンロードし、プログラムをインストールしたうえで、VPN Gate公開VPN中継サーバーという項目をクリックします。

接続スピードが不安定で、サーバーのIPアドレスが時々変えられるのでその都度設定しなおさないといけないというデメリットがありますが、すべて無料ということで最初はこちらで接続してみましょう。

このサービスはWidows, MacOS, iPad, Androidいずれでも利用可能です。接続方法もこちらにありますが非常に簡単です。

これは仕組み自体は筑波大学が提供していて、「私のところのVPNサーバーを使っていいですよ」と言うボランティアの人がそこにサーバーを登録してあり、利用者はそれらのサーバーの一つを選んで使わせてもらうという形になっています。

ここには日本だけではなく、世界中のサーバーが登録されています。

欠点は、サーバーによっては接続が不安定だったり通信速度が遅かったりすることです。

さらに、登録されているサーバーはいつも同じものが常に使える状態にあるとは限らないということです。

所詮、個人などがボランティアで提供しているサーバーなので毎日そのサーバーがある保証はありません。

つまり、毎回VPN接続が必要になる度に良いサーバーを探すことから始めないとならないわけです。

いくつかのサーバーを実際に試してみましたが、使用に耐えられる速度が出るものもあれば、接続さえ満足にできないものまで様々でした。

とりあえずVPN経由でアマゾンなどの目的のサービスが使えるかどうかを調べるくらいには良いですが、継続的に使ったり、映画などの通信速度が求められるものには向いていません。

そもそも、毎回まともなサーバーを探すのに時間がかかってしまいます。

さらに言うと、どこの誰のVPNサーバーを経由しているのか分からないので安全性の観点でやや不安があります。

そう考えると、誰が持っているのか分からないサーバーを経由させるのは、テスト目的以外では避けたほうが無難です。

一時的なSNS利用などウェブブラウジングを少し行う程度であれば、こちらも無料版で十分だと思います。

海外在住開始当初はこのサービスを利用していましたが、スピードが不安定であることから途中で別のサービスに変更しました。

海外から日本のサイトにアクセスする方法(有料版)

ここでは、無料版では決して体験できないような安定性を確保し、海外在住生活を充実させられること請け合いの優良な有料サービスについてもご紹介します。

有料版には、当然コストがかかるわけですが、以下のようなメリットが存在します。

  • 個人情報、アクセスデータを収集・保持していないことを保証している。
  • 強力な暗号化、様々なプロトコル、高品質なアプリが使用出来る
  • 無制限で世界中のサーバーが利用出来る
  • 通信量、通信速度も無制限である
  • 問題が起きてもサポート体制が万全なので、すぐに対応してくれる
  • 中国など、特定の地域に特化したサービスを提供している

安全確保第一と考えている方は、無料VPNは避けた方が賢明だと思います。当方の使用経験は決して多くありませんが、以下のいくつか参考になれば幸いです。

NordVPN

パナマに所在地があるNordVPNは当方の知る限りで最安とも言える値段で幅広いVPNサービスを提供してくれます。海外のレビューサイトで高い評価を受けているようです。

特に、最近はマルウェアや危険な広告サイトから守ってくれるCyberSecという機能が装備されよりセキュリティ面の向上が期待されています。

ソフトウェアの品質も高く、複数の端末でVPN利用したい場合であってもNordVPNアカウントひとつあれば同時に最大6台をセキュリティサービスの下に置くことができます。また、モバイルアプリでの視聴も増えてきている策婚ですが、AndroidとiOS端末でNordVPNモバイルアプリを利用することで、外出先でも動画サイトにアクセスし日本のコンテンツを閲覧することができます。もちろん、macOSとWindows OS向けにも使うことができます。

現在は格安プランでの提供も行っており、2年でUS$3.99/月(66%OFF)という格安プランが提示されています。

驚くなかれ、きちんと日本語での案内もばっちりですので、英語の苦手な方でも十分始められると思います。

インターリンク

インターリンクは数少ない日本企業であって老舗プロバイダの一つで固定VPNサービスを提供しています。月額利用料は1080円と高めですが、安定性スピードは無料のSoftether VPNより断然いいです。サーバー設置国は日本に限らずアメリカ、香港、ドイツにも及びます。これらはあまりニーズはないかもしれませんが・・・。

HuluやNHKオンデマンドなど動画配信サービスを快適に利用したいときには考慮に入れたい選択肢の一つです。

やはり値段だけのものですので、クオリティーは断然良かったです。

値段は高めにはなりますが、日本の企業が提供していることもあり、もちろんサービスはアフターケアなどすべて日本語で対応してくれます。

というわけで、おすすめは、インターリンクです。
インターリンク(固定IP向け)

Expressvpn

最も確実かつ信頼性の高いスピードも最速のVPNが、ExpressVPNです。

こちらは以下のような特徴を有しています。

94ヶ国にある超高速VPNサーバーを提供しており、様々な動画サイトへのアクセスやアプリの使用が可能となります。

また、強力な暗号化を使用して、ハッキングや追跡から保護する高いセキュリティを誇ります。

さらに年中無休の24時間対応かつ日本語にも対応しているのがうれしいところです。

いくつか試してみて、最適のVPNを見つけて、快適な海外生活を満喫してくださいね。