ふと思うこと、男って弱いですね。

今日当直しながら、ふと思ったこと。

女性より男性が弱いという話。寿命が短いとか、長年寄り添った夫婦で、妻が先立つと夫はすぐ後を追うとか。

男性はまた、別れた女性のことを惨めったらしく覚えていたりするが、女性の方は驚くほどさっぱり忘れているらしい。

自分の脳みそはそういう意味では極端な男性的特徴を持っているなと思う。弱いなと自覚する。

そんな弱い男には、Google Photoは良くないと思ったりもする。バックアップした写真が山のようにある、消そうにも消せない。

しょうもない悩みではあるが、弱い男には大きな問題だ。

困った困った。。。

セミリタイヤを目指すための資産形成とは?金融資産5000万円をどう活かすか。

またお久しぶりです。

2週間ぶりとなってしまいましたが、今日時点での金融資産は、

現金    10,758,019+5,000,000円

リスク資産 36,152,444円

合計    51,910,463円

となりました。安定的に5000万円を超えるかどうかは甚だ疑問です。

こんなシーズンですので、来月のクレジットカードの引き落としは100万円近くになるようですし。。。

[adsense]

僕は今の仕事がとても楽しく充実してできているので、積極的に早期セミリタイヤあるいはリタイヤを考えている訳ではありません。

しかしながら、どなたかがブログで書いていたと思いますが、経済的自由を得るということは、人生のあらゆる選択の幅を広げ、仕事に対する向き合い方も変化させうるものではないかと考えています。

このようなことを考えるようになった現在では、概ね金融資産を3億円程度まで増やすことで経済的自由とのイメージが沸くようになってきました。とすると今の5000万円というのは本当にまだまだなんですね。

ということで、仮想通貨のあたりではバブルバブルと言われているきな臭いご時勢ですが、自分は国内個別株式で資産を最大化するべく邁進するつもりです。全体のリスク管理で外貨や債券セクターに分散投資するのが資産運用の王道とは知りつつ、得意分野で勝負するというのが勝負の常道ですので僕はこちらで頑張ろうと思います。

今日は晴天で、久しぶりに行ってきました。マラソン大会に遭遇!!!

今日は朝からサイクリングしてきました。

[adsense]
絵本の中のコスモス
荒川沿いのサイクリングロードを走っているときは30km/hで巡行スピードなんですが、やはり街中走ると全然ゆっくりになっちゃいますね。

2時間半で45㎞弱・・・。

2時間超えたあたりから、腰痛と右足が少し痺れる症状が出てきてしまいました・・・。

ダイエットしなければと思い、食事・運動を少しずつしています。

帰りの道中で、荒川でジョギング大会?に遭遇しましたが、狭い荒川沿いのサイクリングロードに人があふれかえっており、自分のペースで走れているとはとても思えないような人混みになっていました。

僕みたいな1人好きの人間には、なぜ休みにわざわざ集まって走るのか全く理解できませんでした・・・。

今日は久々の晴天でした。先週より少しだけ遠くまで荒川サイクリングロードを遠征!

今日は朝からチャリダーしてきました。

まだまだ初心者なので、長距離は難しいですが、約2時間で37㎞でした。

荒川サイクリングロードはライダーであふれかえっていました。皆さん健脚なので、ついていけませんでした。

なぜかMy tracksが途中で記録を止めてしまいました・・・。😢

[adsense]

次は50㎞目指して頑張るぞい。

 

今日は雨の中、少しだけサイクリング。My Tracksアプリを使っています。

今日は朝から、折角休みの週末なのでサイクリングに出かけようと思っていましたが・・・

なんと朝、自転車置き場に行くと、前輪が思いっきりパンク・・・

まだ最近替えたばかりなのに・・・

仕方なく上野のY’sROADでチューブなどを購入し、修理・・・

色々やっていたら、午後になってしまい、少し天気が回復したタイミングを見て出発!!!

しかし、走り始めてすぐに雨が再び降り始め、1時間程度で撤収と相成りました。

僕の相棒SurlyのStraggler、これから活躍する季節です。

PHOTOHITOという写真共有サイトで投稿を始めました。

モンシロチョウとキンセンカ2

[adsense]

PHOTOHITOという写真共有サイトでちょっとした写真を撮影して投稿しています。

アカウントはNobuokunです。超初心者なのでほとんどアクセスはありませんが。

ほかの方のプロ並みの写真を見ながら、勉強しています。

まだデジタル一眼初めて2ヵ月程度、EOS6Dといくつかのレンズを持って、天気のいい日は庭やちょっとお出かけして撮影しています。

もし写真に興味のある方は、どうぞ。

お気に入り番組【吉田類の酒場放浪記】いやー最高ですね。僕は大好きです。

 

16939

私、それほどテレビは見ない方なのだが、お気に入りの番組がいくつかある。

これまでにブログで書いたものとしては、イッテQ、旅番組などであるが、これまた長寿番組の「吉田類の酒場放浪記」シリーズである。

[adsense]

簡単に番組の内容をご説明すれば、酒場ライター(?)の吉田類が、日本各地の酒場を巡りリポートするグルメ番組。

と言えば聞こえはいいが、吉田類というオジサンが好きな酒とうまい肴で酔っ払い、それをナレーターが解説という、まあ酔っ払いを映しているだけの番組と言えばそれまでである。

これが長寿番組になると判断したプロデューサーは素晴らしい

DSC_5301

この番組、正直BSでなければ成立しなかっただろう。

というのも、そもそもターゲット層がかなり限定される。

お酒をただうまそうに飲んで、気の利いたコメントを言うわけでもない。むしろ番組終盤は酔っぱらってコメントもろくにしない。

しかし、紋切型の番組構成と、アクの強くない吉田類が、世の酔っ払いの心をしっかりと掴みとっているのではないだろうか?

型がしっかりしていて、安心感があり、飽きが来ない

top_image_04

この番組、毎回全く構成が変わらない。

15分番組で、最初は最寄りの駅から始まる。

まだ薄明るい時間に始まるのだが、これは仕事帰りの夕刻ぐらいを想定しているのだろう。

そこから酒場までの道、あるいはその駅近辺のお店(酒場ではない場合が多い)を一軒程度紹介し、残りの10分程度で居酒屋飲みが始まる。

視聴者に対する酒場、そこに至るまでのストーリーの提示方法が秀逸で、行ってみたいと思わせる。

やはり、番組のプロデューサー・ディレクターが優秀なのだろう。

やはり、「吉田類」が素晴らしい

2011yoshidarui

 

そして、この番組を語るのに、「吉田類」を語らずにはいられない。

吉田類は変わった経歴の持ち主で、アーティストとしてニューヨークやヨーロッパを放浪した経歴があり、さらに俳人として、酒場に関する執筆活動を行うなど多才である。

生涯独身を貫いていること、一人暮らしだが野良猫と長年暮らしていた、など色々見どころのある人物である。

番組内での彼は、それほど多くを語らないが、お酒を本当にうまそうに飲むのだ。

どこか人見知りで、引っ込み思案な感じがあるのが、一人で酒場に足を向ける男の代表として何か共感を得るのだ。

多弁でもだめ、ただのグルメ評論家でもだめ、ただの酒飲みでもダメ。

吉田類だから成立する、そんな番組である。

「温泉俳優」の原田龍二は、ドラマより旅番組がいいですね!!!

今ちょうどBS-TBSでやってる「路線バスの旅、北海道・十勝の旬」を見てて思ったんですが、原田龍二っていいですね。

p25

[adsense]

原田龍二ってみなさん、ごぞんじですか?

僕も実はあんまりよく知らなかったのでwikipediaで調べました。

知っていることと言えば、そういえば相棒でちょっと冴えない刑事役やってたなーってこと、あとはたまに旅行番組出てるなーってことぐらいでした。

この人、2枚目の顔してて俳優としては演技すると、いつもカッコいいけど少し隙があって憎めない感じがしてて、演技してても演技してない感じがしちゃうんですよね。ってことはこの人、きっと根っからそういう憎めない気質があるんだなって思ってたんですけど。

プライベート感の強い旅行番組見ると、なるほど「いいな」って改めて納得。

top-gallery-031-17a

自称旅行番組通を自負する私ですが、旅行番組は大きく分けると2種類に分けられます。

芸能人がいる番組、いない番組です。

その中で、芸能人がいる番組は、「遠くに行きたい」「いい旅夢気分」などなどありますが、番組の出来はその芸能人の人間性に非常に依存しています。いわゆる落ちぶれた芸能人ががちゃがちゃしゃべりながらただ旅行してるだけの番組は最悪、まだ無人の方がましってのが結構多いんですが、

原田龍二は「温泉俳優」を自称するだけのことはあります。

wikipedia参照してみると、やっぱりでした。

原田龍二、「遠くに行きたい」「路線バスの旅」で結構常連で出演しているんですね。

彼のいいところは、

  • 人がいい (嫌味がない)
  • コメントがシンプル
  • えらぶらない
  • 感性がピュアで豊か

などなど、いいところ満載です。

原田龍二はドラマより旅行番組

本人には不本意かもしれませんが、ドラマで見るよりも旅行番組で見る原田龍二はずっと魅力的です。

そして、そのような素顔の「彼」をたっぷり放送してくれるBSという枠組みはなんとも贅沢だなと思います。

これからも、「温泉俳優」原田龍二を応援していきたいですね。