海外移住者必見!!海外から国内動画サイト(HULUフールーやアマゾンプライム)を見る方法

海外から国内限定の動画サイトであるAmazonPrime、ギャオ(GYAO)、フールー(hulu)等を見る方法を徹底紹介します

海外からは見れないサイトが、多く存在しているという事実をご存知ですか?

海外に住んでいたりロングステイをしたり、旅行をしたり、移住をしたり、そういった方にはインターネットが必須ですよね。さらに言えば、日本語のサイトにアクセスできることや日本語のコンテンツに触れることができるというのは本当に海外に行ってありがたいことだと思います。

世界中どこにいてどんなに遠くに居ても、どんな僻地で山奥でも、インターネットさえあれば日本にいるのと同じように日本語のコンテンツが見られると思っていました。

本当にありがたやありがたやと思って、海外に既にいらっしゃる方々!!!

実は日本では何の不自由なく利用できていたいくつかのサイトは、地域外エラーで見ることや利用することが出来なかったりもします。ガガーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!

その中でも最近人気の有料動画サイトで日本語のコンテンツが満載のアマゾンプライム(AmazonPrime)、ギャオ(GYAO)やHULU(フールー)等を見ることが出来なくて、落胆している人は多いと思います。

今回は、そんな国内からのアクセスに限定されて海外では普通は見ることのできなくなってしまう動画サイトを海外からでも簡単に見ることができる方法を説明したいと思います。

さて、今皆さんはどちらにいらっしゃいますか????どこにいらっしゃってもインターネットがつながってさえいれば、以下にご紹介する方法を用いて解決できてしまいますよ。

そもそも、海外からのアクセスが規制されている動画サイトとは???

現在では、動画や音楽の映像も場所や距離に関係なく普通に見れますから、本当に便利になったものです。

しかしながら、著作権の関係やセキュリティー上の観点から国内動画サイトの多くは海外からのアクセスを制限しています。具体的には海外に存在すると識別されるIPアドレスからのアクセスが制限されています。

Youtubeを再生すると”この動画はお住まいの地域ではご利用いただけません”と表示されたり、ヤフーのポータル画面でのお勧め動画でGYAOの動画の再生をしてみると”国外からは映像を視聴できません”と出てしまいます。

 

通常のサイトでも存在する、海外からのアクセス制限

動画以外のサイトでも、セキュリティーの問題から、海外からのアクセスを拒否の設定にしてあるケースもあります。私のサイト運営に使っているロリポップサーバーも、管理画面は海外からのアクセス拒否が基本設定とされています。

また銀行サイトへのアクセスについても、海外からのアクセスが拒否されていて利用出来ない銀行サイトもあります。これは非常に不便なことなのですが、セキュリティーの観点からこのようにしているところもあるようです。

銀行の規定により異なるのですが、インターネットバンクサービスを国内限定にしている銀行やセキュリティーの関係から海外からのアクセスを制限していることがあるためです。

これらすべての問題は、海外在住者やロングステイの人がインターネットを使う場合に、その国のプロバイダーや通信会社を使うことになることから、割り振りられるIPアドレスがその国のIPアドレスとなるために、海外からのアクセスと簡単に判明してしまうために起こってしまう問題です。

海外から日本のサービスを使う人間にとっては、これは大変悩ましい問題なんです!!!!

中国のインターネットの規制が厳しいことは有名です。中国の場合は、政府の方針でインターネットの情報規制が掛かっており、特に厳しく制限されています。これは情報操作の面もありますし、それ以外でも自国のサービスを育てるためだっりもします。

特にフェイスブックやラインが使えないというのは、日本人にとっては本当に不便ですよね。

こういった、中国での問題もこれからご紹介する方法を用いれば同じように解決できてしまいます。

これを簡単に解決する方法をこれからこれからご紹介します。

これから下に示す方法をぜひ試してみてください。

これまで見れなかった動画サイトにアクセスできるようになります。

銀行サイトや証券会社サイトへのアクセスも簡単にできるようになります。

ラインやフェイスブックなどのSNS系のサービスを通常通り利用することができるようになります。

つまり、外国(仮に中国であっても)に居ても、ラインで友達と電話をしたりフェイスブックを書き込んだり、フール―やU-ネクスト等の動画サイトを見ることができちゃいます。

ひとことで言えば、国内のIPアドレスを割り振ってくれるVPNサービスを利用すればよいのです。

詳細はこちらも参考にしてみてください。

国内のIPアドレスを取得するVPNサービスを利用したインターネット接続で問題解決!!

方法はいくつかありますが、1から順に試していただき費用対効果で最もご自身のニーズに合ったものをメリット・デメリット比べた上で選んでみてください。詳細な説明はこちらにもあります。

今回ご紹介する方法は、いずれも海外から直接アクセスするのではなく、国内の指定のIPアドレスを1度経由することで、国内からのアクセスということにして規制を逃れるという仕組みになっています。動画サイトによっては、この方法も用いたアクセスさえも制限しているところがあり注意が必要ですが、まずは一度試してみましょう。

VPNサービスというものを使って国内IPアドレスからのアクセスという形にして規制を逃れる手法になります。当然違法なものではありませんのでご安心を。

1.無料VPNサービスを利用して接続する方法

Softether VPN

まず、無料版です。

SoftEther VPNという筑波大学が開発した公衆VPNサービスですべてが無料です。以前はVPN Gateというサービスを提供していました。

 

この方法で、海外から日本のサイトに自由にアクセスできます。SoftEther VPNは、こちらのページからダウンロードして簡単に始められますし、無料のサービスなのでまずはこちらでのTryをお勧めします。

接続スピードが不安定で、サーバーのIPアドレスが時々変えられるのでその都度設定しなおさないといけないというデメリットがありますが、すべて無料ということで最初はこちらで接続してみましょう。

このサービスはWidows, MacOS, iPad, Androidいずれでも利用可能です。接続方法もこちらにありますが非常に簡単です。

ここには日本だけではなく、世界中のサーバーが登録されていますので、日本の動画サイトにアクセスする場合には、日本に設置されたサーバーを選択してVPNを利用するとよいと思います。

中国にいらっしゃって、一時的なSNS利用などウェブブラウジングを少し行う程度であれば、こちらも無料版で十分だと思います。

海外在住開始当初はこのサービスを利用していましたが、スピードが不安定であることから途中で別のサービスに変更しました。

2.有料VPNサービスを利用して接続する方法

ここでは、無料版では決して体験できないような安定性を確保し、海外在住生活を充実させられること請け合いの優良な有料サービスについてもご紹介します。以下のような特徴を有しているのでこちらの方を本来はお勧めしますが、費用対効果はいつでも重要ですので二番目のご紹介です。

  • 個人情報、アクセスデータを収集・保持していないことを保証している。
  • 強力な暗号化、様々なプロトコル、高品質なアプリが使用出来る
  • 無制限で世界中のサーバーが利用出来る
  • 通信量、通信速度も無制限である
  • 問題が起きてもサポート体制が万全なので、すぐに対応してくれる
  • 中国など、特定の地域に特化したサービスを提供している

当方の使用経験は決して多くありませんが、以下のいくつか参考になれば幸いです。

NordVPN

パナマに所在地があるNordVPNは当方の知る限りで最安とも言える値段で幅広いVPNサービスを提供してくれます。海外のレビューサイトで高い評価を受けているようです。詳細についてはリンクをご参考ください。

現在は格安プランでの提供も行っており、2年でUS$3.99/月(66%OFF)という格安プランが提示されています。

驚くなかれ、きちんと日本語での案内もばっちりですので、英語の苦手な方でも十分始められると思います

インターリンク

インターリンクは数少ない日本企業であって老舗プロバイダの一つで固定VPNサービスを提供しています。月額利用料は1080円と高めですが、安定性スピードは無料のSoftether VPNより断然いいです。サーバー設置国は日本に限らずアメリカ、香港、ドイツにも及びます。これらはあまりニーズはないかもしれませんが・・・。

HuluやNHKオンデマンドなど動画配信サービスを快適に利用したいときには考慮に入れたい選択肢の一つです。

やはり値段だけのものですので、クオリティーは断然良かったです。

値段は高めにはなりますが、日本の企業が提供していることもあり、もちろんサービスはアフターケアなどすべて日本語で対応してくれます。というわけで、まず有料版で安心かつ英語に不安という方へおすすめは、インターリンクです。

インターリンク(固定IP向け)

Expressvpn

上記二つの有料版でも満足できなかった方へ最後にお勧めするのが、最も確実かつ信頼性の高いスピードも最速のVPNである、ExpressVPNです。アクセスして英語のページだからと驚かないでくださいね。ちゃんと日本語サイトが右上にありますよー。

こちらは以下のような特徴を有しています。

94ヶ国にある超高速VPNサーバーを提供しており、様々な動画サイトへのアクセスやアプリの使用が可能となります。

また、強力な暗号化を使用して、ハッキングや追跡から保護する高いセキュリティを誇ります。

さらに年中無休の24時間対応かつ日本語にも対応しているのがうれしいところです。

いくつか試してみて、最適のVPNを見つけて、快適な海外生活を満喫してくださいね。

VPNサービスは、基本的にスマートフォン・タブレットPCでも簡単に接続が可能です。VPNサービスが利用可能なのは、パソコンに限られず、アイフォンやアンドロイドのスマートフォンやアイパッドなどのタブレットPCでも使えます。一契約で複数台のデバイスでの利用が可能となっている場合が多いです。ですので、自宅でも出先でも動画配信サイトのhuluやGYAO等も見ることが出来ます。しかもラインやフェイスブックは、スマホでいつでも使えなくては利用価値が下がってしまいますからね。

海外でVPNを利用すると便利でこんなメリットがあります!活用法の比較

VPNを使えば海外でのネットライフが充実!!

インターネットを海外への移動、留学、旅行などで利用する場合、規制はさまざまな形で使用できない場合があります。 このような場合、VPNというサーバーを使用すると便利です。 このVPNを使用すると、海外の規制は基本的に解決されます。 そして何よりも、セキュリティは万全です。

VPNが海外からできることをどのように活用するのか、今から簡単な説明を説明します。

VPNって何!

海外で動画サイトを見たい場合にはこちら!!

一部のサイトは日本国内で制限されており、国外からのアクセスが制限されており、使用できない場合があります。 この場合の対策として、海外のIPを日本のIPに置き換える必要があります。

これを可能にするのはVPNです。 VPNを使用すると、海外のIPから日本のIPに置き換えることができるため、規制されているオンラインゲームをプレイしたり、海外の規制されているHPを見たり、オンデマンドのビデオを見ることができます。

なぜ海外のネットライフにはVPNサービスの利用が必須なの?

海外の無料Wi-Fiを使うと個人情報が盗まれる危険性があるよ!

無料のWi-Fiを利用する場合には、個人情報漏えいなどの危険が常に潜んでいることを知っておいて下さい。便利で快適なWi-Fiだけに、安全に利用するためのポイントをしっかり守ることが重要です。

しかし、万が一悪意のあるWi-Fiにアクセスしても、ここで紹介している安全性の高いVPNを利用していれば情報は盗まれることはありません。

海外では視聴が規制されている動画サイトや民放見逃しサイトが視聴可能となる

当方の把握する限り、日本で提供されているHulu、AmazonPrime、Netflix、NHKオンデマンド、Gyaoなど動画配信サービスは、海外では利用することができません。このほか民放の見逃しサイトであるTVerなども海外に存在するIPアドレスからのアクセスは許可されておらず以下のような表示となってしまいます。

こんなことがおきてしまうと充実した海外動画ライフが過ごせません。英語や現地の言葉に慣れるまでの間、どうしても海外での動画サイトアクセスを確保しておきたいですよね。

海外からの利用が規制されているオンラインゲームがプレイが可能

DMM.comのオンラインゲームやHangameのオンラインゲームには、海外のIPアドレスから使用規制されているものがあります。

海外での生活を充実させるためにもこの問題も解決したいところです。

海外IPアドレスからのアクセスを制限している多くの場合は、特定の海外の不良なアクセスを遮断することに主眼が置かれていると考えられますが、そのほか著作権の問題なども絡んでいると考えられます。

しかしながら、様々なVPNサービス(無料・有料)を利用することでこの問題は容易に解決できます。

VPNを徹底比較

海外から日本のサイトにアクセスする方法(無料版)

Softether VPN

まず、無料版です。

SoftEther VPNという筑波大学が開発した公衆VPNサービスですべてが無料です。以前はVPN Gateというサービスを提供していました。

この方法で、海外から日本のサイトに自由にアクセスすることが可能となります。

SoftEther VPNは、こちらのページからダウンロードすることが出来ます。

SoftEther VPNソフトをダウンロードし、プログラムをインストールしたうえで、VPN Gate公開VPN中継サーバーという項目をクリックします。

接続スピードが不安定で、サーバーのIPアドレスが時々変えられるのでその都度設定しなおさないといけないというデメリットがありますが、すべて無料ということで最初はこちらで接続してみましょう。

このサービスはWidows, MacOS, iPad, Androidいずれでも利用可能です。接続方法もこちらにありますが非常に簡単です。

これは仕組み自体は筑波大学が提供していて、「私のところのVPNサーバーを使っていいですよ」と言うボランティアの人がそこにサーバーを登録してあり、利用者はそれらのサーバーの一つを選んで使わせてもらうという形になっています。

ここには日本だけではなく、世界中のサーバーが登録されています。

欠点は、サーバーによっては接続が不安定だったり通信速度が遅かったりすることです。

さらに、登録されているサーバーはいつも同じものが常に使える状態にあるとは限らないということです。

所詮、個人などがボランティアで提供しているサーバーなので毎日そのサーバーがある保証はありません。

つまり、毎回VPN接続が必要になる度に良いサーバーを探すことから始めないとならないわけです。

いくつかのサーバーを実際に試してみましたが、使用に耐えられる速度が出るものもあれば、接続さえ満足にできないものまで様々でした。

とりあえずVPN経由でアマゾンなどの目的のサービスが使えるかどうかを調べるくらいには良いですが、継続的に使ったり、映画などの通信速度が求められるものには向いていません。

そもそも、毎回まともなサーバーを探すのに時間がかかってしまいます。

さらに言うと、どこの誰のVPNサーバーを経由しているのか分からないので安全性の観点でやや不安があります。

そう考えると、誰が持っているのか分からないサーバーを経由させるのは、テスト目的以外では避けたほうが無難です。

一時的なSNS利用などウェブブラウジングを少し行う程度であれば、こちらも無料版で十分だと思います。

海外在住開始当初はこのサービスを利用していましたが、スピードが不安定であることから途中で別のサービスに変更しました。

海外から日本のサイトにアクセスする方法(有料版)

ここでは、無料版では決して体験できないような安定性を確保し、海外在住生活を充実させられること請け合いの優良な有料サービスについてもご紹介します。

有料版には、当然コストがかかるわけですが、以下のようなメリットが存在します。

  • 個人情報、アクセスデータを収集・保持していないことを保証している。
  • 強力な暗号化、様々なプロトコル、高品質なアプリが使用出来る
  • 無制限で世界中のサーバーが利用出来る
  • 通信量、通信速度も無制限である
  • 問題が起きてもサポート体制が万全なので、すぐに対応してくれる
  • 中国など、特定の地域に特化したサービスを提供している

安全確保第一と考えている方は、無料VPNは避けた方が賢明だと思います。当方の使用経験は決して多くありませんが、以下のいくつか参考になれば幸いです。

NordVPN

パナマに所在地があるNordVPNは当方の知る限りで最安とも言える値段で幅広いVPNサービスを提供してくれます。海外のレビューサイトで高い評価を受けているようです。

特に、最近はマルウェアや危険な広告サイトから守ってくれるCyberSecという機能が装備されよりセキュリティ面の向上が期待されています。

ソフトウェアの品質も高く、複数の端末でVPN利用したい場合であってもNordVPNアカウントひとつあれば同時に最大6台をセキュリティサービスの下に置くことができます。また、モバイルアプリでの視聴も増えてきている策婚ですが、AndroidとiOS端末でNordVPNモバイルアプリを利用することで、外出先でも動画サイトにアクセスし日本のコンテンツを閲覧することができます。もちろん、macOSとWindows OS向けにも使うことができます。

現在は格安プランでの提供も行っており、2年でUS$3.99/月(66%OFF)という格安プランが提示されています。

驚くなかれ、きちんと日本語での案内もばっちりですので、英語の苦手な方でも十分始められると思います。

インターリンク

インターリンクは数少ない日本企業であって老舗プロバイダの一つで固定VPNサービスを提供しています。月額利用料は1080円と高めですが、安定性スピードは無料のSoftether VPNより断然いいです。サーバー設置国は日本に限らずアメリカ、香港、ドイツにも及びます。これらはあまりニーズはないかもしれませんが・・・。

HuluやNHKオンデマンドなど動画配信サービスを快適に利用したいときには考慮に入れたい選択肢の一つです。

やはり値段だけのものですので、クオリティーは断然良かったです。

値段は高めにはなりますが、日本の企業が提供していることもあり、もちろんサービスはアフターケアなどすべて日本語で対応してくれます。

というわけで、おすすめは、インターリンクです。
インターリンク(固定IP向け)

Expressvpn

最も確実かつ信頼性の高いスピードも最速のVPNが、ExpressVPNです。

こちらは以下のような特徴を有しています。

94ヶ国にある超高速VPNサーバーを提供しており、様々な動画サイトへのアクセスやアプリの使用が可能となります。

また、強力な暗号化を使用して、ハッキングや追跡から保護する高いセキュリティを誇ります。

さらに年中無休の24時間対応かつ日本語にも対応しているのがうれしいところです。

いくつか試してみて、最適のVPNを見つけて、快適な海外生活を満喫してくださいね。

 

 

今日の写真 オーストラリア時代を思い出してみる

以前オーストラリアにいました。

毎週のように週末釣りに行っていました。Wallarooという場所。

今でもよく思い出します。

こんな地の果てみたいなところ。アデレードから車で2時間弱。

あんまりいい写真が無いけど、ここでたくさんの魚とたくさんの思い出ができました。

おおきなフェリーやタンカーが停泊できる大きな波止場で、のんびり二人で釣りをしていました。

また、必ず行きたいと思っています。

日本版Huluを海外で快適に視聴するために、おすすめのVPNサービスを厳選

vpn-animation

以前、海外でVPN接続についてまとめましたが、再度アップデートしてみました。(2015年3月5日更新)

海外在住、海外旅行中にHuluやNHKオンデマンド、Gyaoなど動画配信サービスは、海外サーバーを経由した接続が制限され利用することができません。しかし、様々なVPN(無料・有料)を利用することでこの問題は容易に解決できます。今日は一例をご紹介します。

[adsense]

VPN GATE

これは筑波大学が開発した公衆VPNサービスですべてが無料です。

top

接続スピードが不安定で、サーバーのIPアドレスが時々変えられるのでその都度設定しなおさないといけないというデメリットがありますが、すべて無料ということで最初はこちらで接続してみましょう。

このサービスはWidows, MacOS, iPad, Androidいずれでも利用可能です。接続方法もこちらにありますが非常に簡単です。

海外在住開始当初はこのサービスを利用していましたが、スピードが不安定であることから今は別のサービスに変更しました。

ホープムーン

これが過去に利用していたことのある、VPNサービスです。

header

月額300円と他のサービスに比較して圧倒的に安く、年間では割引で3000円で済みます。

色々探してコストパフォーマンスからこれにしています。月額300円で5つの機器(パソコン、ipad、iphoneなど)が利用可能です。サーバーもいつも5-6個稼働しており、問題なく利用できます。

スピードはHuluを見るのに何とか見れる(時々止まる)程度ですが、値段を考えれば満足しています。VPN GATEで不満を感じられている方は次にこれを試してみてください。

値段は有料VPNの中では格安です。しかし、おそらくインターリンクの方がパフォーマンスは圧倒的にいいでしょう。

インターリンク

インターリンクは老舗プロバイダの一つで固定VPNサービスを提供しています。

月額利用料は1080円と高めですが、安定性スピードは他の二つより断然いいです。

サーバー設置国は日本に限らずアメリカ、香港、ドイツにも及びます。これらはあまりニーズはないかもしれませんが・・・。

HuluやNHKオンデマンドなど動画配信サービスを快適に利用したいときには考慮に入れたい選択肢の一つです。

やはり値段だけのものですので、クオリティーは断然良かったです。

絶対おすすめはやはりインターリンク


まとめ

というわけで、海外在住で日本の動画サイトなど利用したいぞって方には、

VPN Gate → インターリンク

って流れになると思います。

二級小型船舶の免許を取ろう~取得するまでと取得後について、費用を中心に~

キャプチャ
http://motorboat.jp/kogata_about.phpより引用

オーストラリアにいると、休日はモーターボートを牽引して港まで行きBoat Rampでボートを降ろして余暇を楽しむ人が多いです。日本ではボートを車で牽引したり、自分でボートを降ろしたりというのはちょっと馴染まないと思いますが、ヤマハマリンクラブに所属すれば全国に広がるマリーナから手軽にレンタルボートを利用できます。

[adsense]

日本に帰ったら是非小型船舶免許を取得して、釣りしたいなーと思っているので以下の内容を調べてみました。

どんな種類の免許があるのか?

これはもうWikipediaに載ってますので、そのまま引用させていただきます。

キャプチャ
wikipediaより引用

一般的に小型免許を取ろうとする場合に、多くの方が目指すのは二番目の二級小型船舶操縦士免許になると思います。上記のヤマハマリンクラブに登録する場合には、最低二級小型船舶免許が必要です。そして一般的に一級免許は二級からのステップアップで取ることが多いので、船舶免許の入口はまず二級船舶免許と考えてよいです。

免許を取得するのに必要な試験と費用は?

二級小型船舶免許を取得するためには学科試験・実技試験の両方をパスする必要があります。何も経験が無い人がいきなり実技試験を受けるということは、あり得ないと思うので実技講習を受けるかあるいは実技免除講習を受けて実技試験自体を免除するかになります。

http://www.yamaha-motor.co.jp/marine/license/acquire/class-2/から引用
http://www.yamaha-motor.co.jp/marine/license/acquire/class-2/から引用

実際上記は僕が考えているヤマハの講習+免許コースになります。大体2-3日の日程で費用は受験費用込みでレギュラーコース99000円、免除コースで107000円です。学科試験の内容は自動車免許より簡単な内容で実技試験も併せた合格率は90%程度ということなので、実技免除にする必要もないかもしれません。ちなみに僕は試験受けるのが嫌いなので免除コースにしようかなと思っています。

ボートを買って維持するのっていくらかかるの?

ボート自体の費用は本当にピンからキリまでありますので、何とも言えません。数十万円~数千万円以上するものまであります。これは中古ボートサイトで比較できますので、見てみてください。まあ今のご時勢個人でボート購入しようなんて人はいないですかね?

R51 Saloon

ボートは実は買うまでより、買ってからの維持費が大変です。車で言う駐車場代みたいなものがかかります。係留費といいますが、これがマリーナで6mの小さなボートで年間50万円程度かかります。これは大きなボートになればなるほどかかります。さらにはガソリン代・保険料など軽く見積もっても100万円以上はかかります。

毎週使う人ならいいかもしれませんが、なかなかこれだけの出費はいただけませんよね。

ちょっとここまで見ただけで、買うのは無いかなって思いますよね。

実際オーストラリアでは、多くの場合、4WDの後ろにボートを牽引して家から港まで往復するスタイルです。これであれば、ネックの維持費も抑えられます。これができるのはBoat Rampが無料(有料のところもある)で自由に使え、持ち家が広くボートを自宅に置くことができるオーストラリアならではのことかもしれませんね。

ボートをレンタルするのにかかる費用は?

レンタルで考えている場合、全国で旅行先で使いたいとか近くのマリーナを利用したいということになると思います。

色々見てみてもほぼ一択でヤマハマリンクラブ;シースタイルになります。クラブ保有のマリーナが全国各地に広がっており主要な海洋リゾート内・近傍に備わっていることから非常に利便性が高いと思われます。料金は以下のようになります。

個人入会金 21600円
月会費 3240円

これとは別にレンタルボート費用がかかります。繁忙期閑散期・土日祝日・利用時間によっても変わってきます。詳細はこちらで確認してみてください。大体土日に6時間釣りのためにボートを借りると10000-15000円程度と思っていただいて差支えないです。

これにガソリン代を加えたものがトータルの費用です。

決して安いとは言えませんが、買った場合と比べてどうでしょうか?

ずいぶん手軽に見えてきますね!

というわけで、レンタルで考えれば十分手が出る範囲でボートライフが楽しめそうです。

 

オーストラリアの田舎ってすごい~Streaky BayからPort Augustaまで~

キャプチャ

この写真はドライブ中にひたすら一本道がきれいだったのでカメラで撮ってみました。実は110km/hで走行中ですが前も後ろも全然車は来ないので、平気でこういうことをやってます。こんな感じの道を今日は延々400㎞運転してきました。制限時速は110km/hなのでだいたい休憩含めて4時間半くらいしかかかりません。片道一車線で対向車(Road trainという電車みたいに大きな車がビュンビュン走る)が中央分離帯なしで通るので、結構ヒヤッとするときもありますが、車の数が圧倒的に少ないので全然問題ありません。

昨日は、Streaky Bayという人口1200人ほどの小さな町にある、Wifiありの宿(Streaky Bay Motel)を予約したんですが、どうもWifiは拾えても結局使えずの状態で、更新もできず情報収集もできませんでした。まあ予想していたことではありますが・・・。

キャプチャ

昨日は近くのJetty(桟橋)で釣りをしました。オーストラリアは内海の波の弱い海岸沿いには決まってJettyが設置されており、休日は釣り人がたくさん集います。Jettyからは大きな魚は狙えませんが、休日遊ぶのにはもってこいの場所です。

キャプチャ

昨日宿泊したStreaky Bayから10㎞ほど車を走らせると、Black Beachという外洋側の海にも出られます。こちらは非常に大きな波が打ち寄せ近づきがたい雰囲気を漂わせていました。この砂浜からは大きな竿を使ってMullowayという地元では有名な魚を取ることができるらしいです(現地の人の話)。

オーストラリアの都市部ではアジア人をよく見かけますが、田舎の方にくるとオージー英語を話す白人の人ばかりになります。日本の田舎行って、方言の強い地元の人に会うのと同じ感覚ですね。

キャプチャ

結局今日はそこから400㎞ドライブしてPort Augustaという3日前に泊まったところに戻ってきてネット環境のある中でのんびり休日を過ごしている訳です。

一人旅もそろそろこの辺で終わりにしようかと思っています。

 

 

田舎町Cedunaより ~南オーストラリアを周遊ドライブ~

キャプチャ

 

私オーストラリアにいることは、ご報告させていただいたことがあります。

今は小旅行中で、南オーストラリア州を一人でドライブ旅行しています。⇧の車はレンタカーで7日間で250ドル(今のレートで25000円くらい)です。ガソリンは日本よりやや安い印象ですし、オーストラリアはそもそも車所有していることを前提として成立していますので、旅行するのにレンタカーは結構お値打ちです。

今日は出先の南オーストラリア州と西オーストラリア州の境界の街CedunaにあるCeduna Foreshore Motelから更新しています。オーストラリアは正直日本と比べてネット環境は劣悪ですので、田舎町でWifi完備のホテルを探すのは至難の業です。Cedunaは人口2300人程度の小さな町ですが、なんとかネット環境のあるホテルを見つけられました。

5時間・800MBまでという謎の制限があるため、今日は撮った写真をアップするだけにさせていただきます。

明日もまた田舎町になりそうなので、どうなるか自分でも分かりません。

キャプチャ

キャプチャ南オーストラリア州は釣り好きにはお勧めのスポットが沢山あります。

また機会があればアップしたいと思います。

朝食にお勧めクランペット ~オーストラリアで知ったおいしい話~

皆さん、クランペットてご存知ですか?

images (2)

パンケーキ(ホットケーキ)みたいにみえますが、片面に蜂の巣のような穴が空いています。小麦粉と酵母でできたこのお菓子、実はすごーくおいしいです。味はほんのり甘くて、触感はもっちもちです。でもこのクランペット、日本ではスーパーなどで見かけたことはありません。

でもオーストラリアではスーパーに行くと、パンやマフィンが売っている売り場に必ずクランペット売り場があり、丸や四角のクランペットが沢山売っています。

ダウンロード

クランペットの美味しい食べ方は、トースターで2-3分焼いてほんのり焦げ目がついたら、バターを塗って、上からたっぷりハチミツをかけたらできあがりです。パンケーキより触感がもちもちしていて最高です。

なぜ日本であんまり見かけないのかが不思議ですが、オーストラリアに来たら是非一度挑戦してみてください。

ちなみに日本でも本格的なクランペットを食べられるカフェあるみたいです。

Cafe Crumpets (東京世田谷)

00

素顔の東野幸治 ~海外で旅猿中毒になった僕 Huluに感謝~

海外に住んでいる私にとって、日本語と触れ合う時間というのは貴重であり、癒しの時間でもある。これまでの記事でもお勧めしているが、ネットさえ通じればVPN接続を通じて、日本のHuluを利用することが可能である。

Huluと言えば、海外ドラマコンテンツが充実していることで知られているが最近日本のサービスを日本テレビが引き受けたことがきっかけとなり、多くの日本テレビコンテンツが視聴可能となった。

images

じつはこれ結構大きな変化で、『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい』を含め、最新のドラマも配信される。海外で毎日舐めるように旅猿を見てきた旅猿大好きを自負する僕が、今日は東野幸治の素顔に迫ってみたいと思う。ちなみに東野は行列のできる相談所など他の番組でも多数出演しているようだが、殆ど見たことが無いので、この記事の内容は、旅猿から垣間見える東野の素顔、ということにご注意いただきたい。

[adsense]

旅猿は皆さんご存知のように47歳の東野幸治と44歳の岡村隆史のおじさん2人が、プライベート感満載でどちらかというと若者のように旅する癒し系旅番組である。東野・岡村となっているが、番組のアイデンティティーを作っているのはほぼ東野である。

番組開始当初から、徹底してGoing my wayで、自分がしたいことをし、思ったことを思ったまま表現する。旅猿は当初深夜番組だったことも影響してか、ある意味好き放題にしてそれがコアなファンに受けるという感じだったのだと思う。また東野は出演者、スタッフ含め一番上に当たることも重要だ。

ダウンロード

岡村・出川はテレビということを結構意識して番組を作ろうとしている感が結構出る時があるのだが、それとは対照的に、東野はどこまでも突き抜けている。スタッフが用意した仕込みに対する対応は岡村が大人の対応をするのに対して、東野はまるで子供の様に嫌な顔をし拒絶したりするのだ。これが実は番組お決まりのパターンとなり、期待通りの展開となってそれがいいのだ。自分の好きな『男はつらいよ』もそうだが、少し題材や場所を変えて決まったパターン(ファンが好きな)を見せるというのは長寿コンテンツの常套手段である。

最近の旅猿はゴールデンになって女性ゲストが呼ばれるようになってから、少しつまらなくなったという意見もあるようだ。しかし東野がスペシャルとかゴールデンだからとかを意識せず、素顔の東野を見せてくれている限り、僕の大好きな『旅猿』はいつまでも続いてくれると思う。

海外在住の方へおすすめVPN接続 Hulu動画配信サービス視聴するために

hulu

海外で快適な動画視聴環境を整え、充実した自宅ライフを過ごしたい方のために!!!

今や、動画配信サービス(Hulu、Gyao、NHKオンデマンド、U-NEXTなどなど)は非常にありふれたサービスになってきており、また各社競って低価格競争・コンテンツ充実を図っていることから是非利用したいものです。

しかし、あまり知られていないことですが、これらの動画配信サービスは日本からの視聴に限定されているものがほとんどです。

何もせず、海外のIPアドレスからこれらの動画を見ようと試みてもブロックされてうまくいきません。

でも心配無用です。インターネット上で日本のIPに置き換えるVPNサービスを利用すれば簡単に視聴することが出来ます。

を利用すれば簡単に視聴出来ます。

今日はその手順を簡単にご紹介したいと思います。

[adsense]

海外のネット環境は概して良くない。日本より遅い。

2811_main

日本は世界で最もネット環境が整っている国なので気づかないかもしれませんが、オーストラリアでさえ十分なスピードのネット環境を得るのは大変です。

日本では当たり前の、無制限で光回線のようなものは到底無理ですが、日本の一昔前程度のADSL2+という回線を使うとストリーミング動画が見れる環境はなんとか作れます。とはいっても先進国のオーストラリアでもこの状況です。

なので、海外で動画配信サービスを利用したいというときには、なるべく早いものを選択することが重要になります。

ざっと1Mbps程度あれば十分と考えられますが、海外はネットが不安定ですので、かなり余裕のあるスピードを選択したほうが良いです。

海外IPアドレスを日本のIPアドレスに変えるには、VPNサービスを利用する

vpn-animation

海外在住、海外旅行中にHuluやNHKオンデマンド、Gyaoなど動画配信サービスは、海外サーバーを経由した接続が制限され利用することができません。しかし、様々なVPN(無料・有料)を利用することでこの問題は容易に解決できます。今日は一例をご紹介します。

VPN GATE

これは筑波大学が開発した公衆VPNサービスですべてが無料です。

接続スピードが不安定で、サーバーのIPアドレスが時々変えられるのでその都度設定しなおさないといけないというデメリットがありますが、すべて無料ということで最初はこちらで接続してみましょう。

このサービスはWidows, MacOS, iPad, Androidいずれでも利用可能です。接続方法もこちらにありますが非常に簡単です。

海外在住開始当初はこのサービスを利用していましたが、スピードが不安定であることから今は別のサービスに変更しました。

ホープムーン

これが過去に利用していたVPNサービスです。

月額300円と他のサービスに比較して圧倒的に安く、年間では割引で3000円で済みます。

色々探してコストパフォーマンスからこれにしています。月額300円で5つの機器(パソコン、ipad、iphoneなど)が利用可能です。サーバーもいつも5-6個稼働しており、問題なく利用できます。

スピードはHuluを見るのに何とか見れる(時々止まる)程度ですが、値段を考えれば満足しています。VPN GATEで不満を感じられている方は次にこれを試してみてください。

おそらくインターリンクの方が満足度は高いです。

インターリンク

インターリンク
こちらは老舗プロバイダの一つで固定VPNサービスを提供しています。

月額利用料は1080円と高めですが、安定性スピードは他の二つより断然いいです。

サーバー設置国は日本に限らずアメリカ、香港、ドイツにも及びます。これらはあまりニーズはないかもしれませんが・・・。

HuluやNHKオンデマンドなど動画配信サービスを快適に利用したいときには考慮に入れたい選択肢の一つです。

やはり値段だけのものですので、クオリティーは断然良かったです。

インターリンクのマイIP

キャプチャ

それでは実際に一番活用しやすいインターリンクマイIPに登録してみましょう。

今なら2ヶ月間は無料で利用できる特典があります。

初期費用も掛かりません!!登録して2ヶ月間しっかりとHuluが快適に視聴できるか確認してみましょう!

Huluに登録してみよう!


海外ドラマ中心に2週間の無料見放題がついて、なんと月額933円(税抜です)。

是非どうぞ。

まとめ

というわけで、海外在住で日本の動画サイトなど利用したいぞって方には、

VPN Gate → インターリンク(ホープムーンも)

って流れになると思います。